朝倉 歩 あさくら あゆむ

入社年月

2016年サン共同税理士法人に代表社員として参画

所有資格

税理士
武蔵大学経済学部卒

所属税理士会 登録番号

東京税理士会  板橋支部
税理士登録   2007年
税理士登録番号 107222番

出身地

東京都

主な著書

『詳解連結納税Q&A』(清文社・共著)
『外国税額控除/外国子会社配当益金不算入制度と申告書作成の実務等』(清文社・共著)
『融資を引き出す創業計画書つくり方・活かし方』(あさ出版・共著)

経歴について

2004年より約12年間、現デロイトトーマツ税理士法人に勤務。シニアマネージャーとしてトーマツ重要クライアント(T40/INNOVATIVE)のうち10社以上の主任を担当しておりました。
売上高1兆円以上の一部上場企業からグループ子会社まで、延べ1,000社以上の企業に対して税務助言を行ってきた実績がございます。
2016年よりサン共同会計事務所の代表パートナー及びサン共同税理士法人の代表社員就任。
クライアントサービスだけでなく、税理士法人や弁護士法人からの税務相談や申告書レビュー等同業の
専門家に対しても多くの税務サービスを提供しており、現在毎月50社以上の申告書をレビューしております。
サン共同税理士法人としては新設法人に対するトータルワンストップサービスを得意としており、創業時の節税対策や創業融資・助成金の支援・IPO支援等を強みとしております。
2019年4月サン共同RPAコンサルティング株式会社を設立。自社開発システムやRPA等最新のITを利用した会計事務所業務の効率化に力を入れており、RPA導入支援事業も行っております。

担当業務について

大手企業向けの税務サービス(国際税務・M&A税務等)を中心に担当しております。
特に、大企業・上場企業の税務コンサルタント業務経験が長いため、連結納税導入に関する提案から実行までのサポート業務や、起業の買収・合併のグループ内組織再編のアドバイザリー業務、海外子会社を有する日系企業に対するタックスヘイブン対策税制等の大企業税務業務やオーナー様向けの税務業務等を得意としております。
サン共同税理士法人の代表としてのマネジメント業務や、サン共同RPAコンサルティング株式会社の代表として多数のセミナーで講演活動を行っております。

お客様へのメッセージ

今日、経営環境は不断に変化し、それに対応して税制・会計基準も複雑化してきております。
そのため、そうした動向を絶えずキャッチアップし続け、お客様に常に最高水準のサービスを提供するスペシャリストであり続けたいと願い、それを実行し続けていることを自負しております。上場企業をはじめとしたクライアント様の要求水準は高くなる一方ですが、圧倒的に信頼されるスペシャリストとして、深い知的研鑽を積み、専門的な実務経験に裏打ちされた顧客本位のサービスをご提供し続けることを信念に、邁進して参りたいと思っております。